人気のある間取りについて

賃貸で部屋を探すときの重要なポイントのひとつには、間取りがあります。

自分の望むライフスタイルによって、適している部屋は違ってきます。

まず、一人暮らしの場合は、人気があるのが「1LDK」や「1DK」ですが、食事をあまり家で作ることがなく外食が多い場合は、ダイニングやリビングはあまり必要ではありません。

家での自炊をする人や友人などを招くことが多い人であれば、リビングやダイニングがある方がよいです。

若い男性の場合は、「1K」の部屋が家賃も安いこともあり、人気があります。

新婚夫婦の場合は、広さがある「1LDK」や「2LDK」が好まれます。

将来、子供ができたときのことも考慮して、「3LDK」を選択する夫婦もいます。

部屋を探すときには、どうしても部屋数が多いところの方が広いイメージがありますが、実際には「2LDK」と表示していても、「1LDK」と同じぐらいの広さであったり、逆に狭い場合もありますので、「㎡数」も確認しておくことが大切です。