戸建て住宅とマンションの違い

家を買うときに、戸建てかマンションかは住み方にも大きく影響します。

マンションの場合、部屋の中は自分だけのものですが、エントランスや廊下など、少なからず他の住民と共用する共有部分があるため、マイホームであると同時に、管理規約を守ってする共同生活の側面もあります。

 ペットや楽器演奏なども、可否や時間帯の制限などのルールがある一方で、一戸建ての場合、近所迷惑に気を付ければ、ルールの制約はありません。

 また、維持やメンテナンスの違いでは、マンションの場合は管理費や修繕積立金を毎月集めるのに対して、戸建ての場合は自分で備えておけば、決まった金額を毎月支払う必要はありません。

 いざという時のために備えは必要ですが、戸建ての場合、管理費や修繕積立の集金がないので、毎月の支払いは住宅ローンだけです。そのため、毎月、住居費として例えば12万円を支払う場合、マンションでは管理費と修繕積立金を引いた残りがローンの返済なのに対して、戸建ての場合は全額をローンの返済にすることができます。